小清水原生花園

オホーツクの短い夏を彩る原生の花畑


夕日が沈む小清水原生花園
 
小清水原生花園は、オホーツク海と濤沸湖に挟まれた約8キロメートルの細長い砂丘の上に形成された天然の花畑で、4月末から9月いっぱいにかけて、200種類にも及ぶ植物を見ることができる。また、遠くに藻琴山や知床連山を望み、オホーツク海や濤沸湖に挟まれた中をJR釧網本線が走るという、ユニークな風景が特徴だ。

原生花園が最も賑わいを見せるのは6月中旬から7月下旬ごろ。町花であるエゾスカシユリやエゾキスゲ、ハマナスなどの花々が咲きそろい、黄色やピンク、紫といった色とりどりの花畑が現れる。
散策路からは日本最北の鳴き砂海岸に降りることもでき、オホーツク海の砂浜散策も楽しめる。

園内にはJR釧網本線の原生花園駅が夏季限定で設置されており、一両編成の列車と咲き誇る花畑との共演が見られることも。

毎年5月初旬には原生花園の植生回復を目的とした火入れが実施されている。

小清水原生花園は、短いオホーツクの夏を代表する観光スポットだ。
 
原生花園駅とエゾスカシユリ
園内にはJR釧網本線が走り、夏季限定の原生花園駅では停車中の車両との記念写真が人気。
エゾスカシユリ
町花でもあるエゾスカシユリやハマナス等、その時々で様々な花が園内を彩る。
日本最北の鳴き砂海岸
園内からは日本最北の鳴き砂海岸へと降りることができる。
 
小清水原生花園
施設名:小清水原生花園
住所:北海道斜里郡小清水町字浜小清水2番
GoogleMapで開く

問い合わせ
小清水原生花園インフォメーションセンターHANA
電話:0152-63-4187

産業課商工観光係 電話:0152-62-4481
小清水町観光協会 電話:0152-67-5120
 

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る