ここから本文です。

資源ごみ袋の指定を廃止します

トップページ じゃがいもタイムス 資源ごみ袋の指定を廃止します
2020年3月23日

資源ごみ袋の指定を廃止します

 資源ごみを出す際、資源ごみの分別ルールの徹底や町外からのごみの持ち込みを防止することを目的に、町指定の資源ごみ袋の使用にご協力いただいておりましたが、資源ごみの分別ルールが浸透し町外との統一化が進んだことから、6月1日より資源ごみに限り、指定を廃止いたします。
 6月1日以降は、従来の資源ごみ袋はもとより、市販の透明ごみ袋の使用も可能といたします。従来の資源ごみ袋の個別買い上げはいたしませんので、既にご購入いただいた指定資源ごみ袋につきましては、今後の資源ごみを出す際にご使用願います。
 ごみの分別収集に対する皆さんのご理解とご協力により、令和元年度で一杯となる計画でありました第2期最終処分場の延命化が図られ、昨年10月現在の調査では今後約8年間の受け入れが可能との結果が出ております。引き続きごみの分別へのご理解とご協力をお願い申し上げます。
【令和2年6月1日~】
資源ごみを出す際に使用可能なごみ袋
・従来の町指定資源ごみ袋
・容量90リットル以下の内容物が確認できる透明または半透明のビニール袋
【~令和2年5月31日】
・令和2年5月31日をもって町指定資源ごみ袋の販売を終了
【注意事項】
・資源ごみ袋の指定は廃止となりますが、種類ごとの分別は継続となりますのでご注意ください
・一般ごみ袋、生ごみ袋、事業系ごみ袋は変更ありません。従来通り町指定ごみ袋をご利用ください

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る