ここから本文です。

小清水町オープンデータの取り組みについて

トップページ 町政情報 オープンデータ 小清水町オープンデータの取り組みについて

オープンデータの取組について

【オープンデータについて】

インターネットの普及、端末の能力向上などにより、一般企業や個人が容易に大量のデータを扱えるようになり、国や自治体等が保有する公共データのビジネス活用等への期待が高まっています。
その中で、国では「電子行政オープンデータ戦略」として、国や自治体が保有するさまざまな公共データを、身近な住民サービスやビジネスに利活用することを目指しています。
 

【オープンデータとは】

「オープンデータ」とは、行政機関等が保有する公共データを機会判読に適したデータ形式で、かつ誰もが二元利用を可能とするルールによって公開されたデータのことです。
オープンデータを有効活用することで、公共サービスの向上はもとより、行政の透明化・信頼性の向上、官民協働・市民参加の推進、新たなサービスやビジネスの創出による経済の活性化につながることが期待されており、国をはじめ自治体においても取組が活性化しています。
 

【オープンデータの利用規約】

小清水町のオープンデータを利用する際には、利用規約に従うことで、適用・非商用問わず、自由に活用できます。
なお、データダウンロードをもって利用規約を承諾したものとします。

 表示(CC BY)
小清水町が公開するオープンデータは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示4.0
国際(CC-BY4.0)のもとに提供されています。

 

【免責事項】

・本町は、公開しているコンテンツの正確性、網羅性、特定の目的への適合性等について、一切保証しません。
・掲載している情報は、本町の活動に関する情報の一部であって、その全てを網羅するものではありません。
・本ページで公開しているコンテンツを用いて行う一切の行為等(それらを編集・加工等した情報を利用することを含む。)について、本町は一切の責任を負いません。
・本町が掲載している情報について、第三者に権利があることを表示、示唆している場合であっても、その表示・示唆は網羅的なものではありません。
・本ページに掲載している情報は、掲載時点における情報であり、事前予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。
 

【データ一覧】

・指定緊急避難場所、避難所
 

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る