ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の対策ついて

トップページ くらし・手続き 新型コロナウイルス感染症 新型コロナウイルス感染症の対策ついて
新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図るため、本町としても「うつらない!うつさない!」ための対策を強化していきます。引き続き、町民の皆さまの一人一人の咳エチケットやうがい、手洗いの徹底が感染リスクを下げますので、ご理解とご協力をお願いします。
風通しのよくない場所や多くの人が集まる場所への不要不急の外出をできるだけ避けましょう。

PDF町長から町民の皆様へのお願い! (79.7KB)
PDF集団発生防止!3つの密を避けましょう! (1.2MB)
PDF新型コロナウイルス感染症に関する支援策について (516.0KB)
 

新型コロナウイルスに関連した人権への配慮について

コロナ禍において、感染された方やその家族、職場などに対する偏見や差別、SNS上での誹謗中傷や不確かな情報の拡散など、様々な場面で心ない言動や行動が広がり問題となっています。
新型コロナウイルスは誰がかかってもおかしくない病気です。誰もが安心して治療を受け、社会に戻ることができるよう、新型コロナウイルス感染症を理由とした不当な差別、偏見、いじめ等は絶対に行わないでください。

PDF町長からのメッセージ ~ 町民の皆さまへ (86.9KB)
PDF新型コロナウイルスに関する人権侵害を防ぐ「3つのお願い」 (255.4KB)
日本赤十字社「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」
 

公共施設の利用について

町内公共施設の利用制限は全て解除しておりますが、ご利用の際は、引き続き「新北海道スタイル」による新しい生活様式の実践と各施設ごとに決められたルールをお守りの上、ご利用ください。(介護施設の面会制限は継続しています)
図書館の利用については小清水図書館のホームページからご確認いただけます。
 

新型コロナウイルス感染症についての相談・病院の受診について

感染が疑われる方の相談窓口が、従来の保健所から地域の医療機関に変わります。
発熱等があった場合は、かかりつけの医療機関に事前に電話で相談してから受診しましょう。

PDFインフルエンザと新型コロナウイルス同時流行に備えて  (558.9KB)
 

北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター 

北海道では、新型コロナウイルスに感染した疑いのある方を診療体制の整った医療機関に確実につなぐための「帰国者・接触者相談センター」と、「感染症に関する一般相談」の電話番号を全道で統一し、新たに「北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター」を設置しています。
高齢者、妊婦、持病持ちの方などは、お早めに相談窓口またはかかりつけの医療機関に電話でご相談ください

PDF北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター (223.2KB)
【24時間相談窓口】
 0800-222-0018 (フリーコール) 
 

以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。
(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
 

その他関連記事

厚生労働省新型コロナウイルス感染症について
北海道公式ホームページ新型コロナウイルス感染症について
網走保健所新型コロナウイルスに関連した肺炎について

 
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

小清水町新型コロナウイルス感染症対策本部事務局(役場保健福祉課)
電話番号:0152-62-4480


本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る