ここから本文です。

農作業事故にご注意ください

 北海道では、農作業中の事故が毎年2000件程度発生しております。(内死亡事故は20件程度であり、そのうち農作業機によるものが約8割、60歳以上の年齢層に集中しております。)
 小清水町内でも、年間20~30件程度農作業事故が発生しております。

  • トラクターやフォークリフト等農作業機の下敷きになる
  • 公道での交通事故(公道からの逸脱、後続車等が追突等)
  • 農作業機への巻き込まれ
  • 荷物の積み降ろし作業時の転落や転倒
  • 家畜の搾乳や移動、捕獲作業時(家畜と壁の間に挟まる、下敷きになる等)
     

 このような事故は、「うっかりミス」や「慣れ」によるちょっとした油断や不注意が原因と考えられることから、作業前等の安全確認をしっかり行う習慣をつけ、事故防止に努めていただきますようお願いします。
 

  • 作業機の回転部分に手や体、衣服等を近づける際は、トラクターや作業機のエンジンを止める
  • 停車の際は、サイドブレーキをしっかりかける
  • エンジン始動時や機械を動かす際は声かけを行う
  • シートベルトの着用
  • トラクター等への安全キャブ・フレームの装着
  • 緊急事態に備えて、常に携帯電話など連絡可能な機器を身につけておく
     

【農作業事故防止パンフレット】

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

産業課農業振興係
電話:0152-62-4474

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る