ここから本文です。

風しんの追加的対策(抗体検査・予防接種)の実施について

トップページ 子育て・教育 健康・予防・赤ちゃん 風しんの追加的対策(抗体検査・予防接種)の実施について

 近年、風しんは流行しており、成人がかかると症状が重くなることがあります。また、妊娠初期の妊婦さんに感染させてしまうと、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が起きることがあります。
 このような状況を受けて、風しんの予防接種を受ける機会がなかった世代の昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に、風しんの抗体検査及び予防接種を実施しています。
 対象者の方は、町から発行されたクーポン券を使って、風しんの抗体検査を受け、抗体検査の結果、十分な抗体を保有していないことがわかった方は予防接種を受けましょう。

【対象者】
昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性
     
【実施期間】
令和4年3月31日までの3年間(令和元年度~令和3年度)

【実施内容】
抗体検査:血液検査(採血)
予防接種:麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)

【費用】
1人につき1回まで、風しんの抗体検査・予防接種が無料で受けられます。

【抗体検査・予防接種が受けられる主な場所】
1.小清水赤十字病院(抗体検査・予防接種)
※病院への事前予約が必要となります。
2.ふれあいセンター等で行うミニドック検診(抗体検査のみ)
※役場へ予約してください。
3.その他の医療機関
※厚生労働省ホームページにて実施医療機関を確認できます。

【注意事項】
当日に、クーポン券をお持ちでない方は、検査・接種ができません。
紛失された場合は、保健福祉課 健康推進係へお問い合わせください。

【風しんの追加的対策について】
詳しくは下記のホームページをご覧下さい。
厚生労働省ホームページ

お問い合わせ

保健福祉課健康推進係
電話:0152-62-4480

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る