ここから本文です。

畜産農家のみなさんへ

 家畜の健康をおびやかす病原体の侵入阻止、排除には、日常的な清掃、消毒が大切です。
 個々の農場毎に適した消毒方法は異なりますが、効率的な消毒に努めていただき、農場の大切な家畜を守りましょう!

網走家畜衛生情報

オホーツク自防協たより

 生石灰の取扱に注意!

生石灰は、水に触れると化学反応を起こして発熱するため、出火等の危険性がありますので、適切な保管をお願いします。
生石灰からの火事を防ぐためには
  1. 袋に破損がないか確かめましょう!
  2. 雨が吹き込まない場所に保管しましょう!
  3. 近くに燃えやすいものがないか確認しましょう!

 病気を知り、家畜を守ろう

近隣諸国で口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザが多発中 !!
PDF平成26年度第2号 平成26年(2014年)12月発行 (1.1MB)

乳牛改良の必要性について

北海道乳牛改良委員会より乳牛改良に対する理解醸成を図るため、「乳牛改良の必要性について」が作成されました。
「乳牛改良に関すること」

口蹄疫について

  • 本病については特に東アジア諸国にて継続的に発生しております。
  • 国内外の人や物の往来が盛んに行われる現代において、実効性のある防疫措置が重要となりますので、常に危機意識を高く持ち防止対策を徹底しましょう。
    PDF口蹄疫発生状況 (522.3KB)
  • 特に長期休暇期間中には諸外国との人や物の往来が一層活発になりますので、従来の防疫対策に加え、下記事項を参考に防疫体制の再確認を行いましょう。
    1. 口蹄疫等の発生地域への渡航を可能な限り自粛しましょう。
    2. 仮に渡航する場合には、次の点に留意してください。
    (1)家畜市場、農場、と畜場等の畜産関連施設に立ち入らないこと。
    (2)動物との不用意な接触を避けること。
    (3)肉製品等を日本に持ち帰らないこと。
    (4)帰国の際には、動物検疫所カウンターにて家畜防疫官の指導を受けること。
    (5)帰国後一週間は衛生管理区域に立ち入らないこと。
    ※飼養管理等でやむを得ず立ち入る場合には、 ・洗髪、入浴、更衣等適切な処置を講じた上で立ち入ること。
    ・海外で使用した衣服および靴を持ち込まないこと。
    ・持ち込む必要のある物は事前に洗浄、消毒を徹底すること。
    PDF出入国者向け注意喚起(動物検疫所リーフレット) (1.3MB)
    PDF肉製品等持ち込みについて(動物検疫所ポスター) (307.5KB)
  • 口蹄疫等家畜伝染病の発生にあっては、早期発見及び通報が迅速な初動防疫に不可欠であることから、休日等における獣医師、家畜保健衛生所等の連絡先を確認しましょう。また、下記の「口蹄疫罹患家畜の特徴的病変」等により従業員一同において、改めて病状等についての認識を共有してください。
    PDF口蹄疫罹患家畜の特徴的病変 (1.1MB)

牛白血病について

農林水産省消費・安全局長より、牛白血病を防止し農場の清浄化を図る目的から「牛白血病に関する衛生対策ガイドライン」が策定されました。
PDF牛白血病に関する衛生対策ガイドライン (946.4KB)

乳用牛のベストパフォーマンスを実現するために

平成27年7月13日に開催された「平成27年度第1回乳用牛ベストパフォーマンス実現会議」の議論を受け、パンフレットが作成されました。病気、事故の発生防止や飼養管理に関する内容が記載されていますので、是非ご活用下さい。
PDFパンフレット (2.6MB)

高病原性鳥インフルエンザの対策について

発生が続いている高病原性鳥インフルエンザについて、道内においても殺処分を実施する事態となってきております。本病の侵入防止策及び発生時の対応手順確認は更に重要となりますので、引き続きご注意願います。
PDF高病原性鳥インフルエンザの営農技術対策 (97.4KB)
PDF高病原性鳥インフルエンザの発生を防止するための重要ポイント (289.0KB)
PDF高病原性鳥インフルエンザの発生を防止するための重要ポイント2 (464.9KB)
PDF家禽を飼養される全てのみなさまへ (156.4KB)
PDF家禽を飼養者の皆様へ・発生予防対策の重要ポイント (452.1KB)
PDF宮城県及び千葉県における疑似患畜の確認について[農水省] (26.2KB)
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

産業課農業振興係
電話:0152-62-4474

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る