ここから本文です。

家畜の飼養衛生管理基準について

トップページ 産業・しごと 産業 小清水町の農業 家畜の飼養衛生管理基準について

飼養衛生管理基準について

 平成22年度の宮崎県における口蹄疫や全国的な高病原性鳥インフルエンザの発生状況をふまえ、家畜伝染病の発生の予防、異常発生時の早期の発見・通報、迅速な初動対応等に重点を置いた家畜防疫体制の強化のため、家畜伝染病予防法の一部が平成23年(2011年)10月に改正されました。

 詳しくは北海道のホームページに掲載されております。

北海道ホームページ:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ns/tss/kachikueisei/shiyoueisei.htm

飼養衛生管理基準に係る定期報告について

 家畜伝染予防法の一部が改正に合わせて家畜の所有する方が守るべき飼養衛生管理基準も改正されました。その中で、家畜の所有者は、毎年2月1日現在の飼養頭数や飼養衛生管理の状況を北海道知事あてに報告することになりました。
PDF家畜伝染病予防法に基づく定期報告書について (306.4KB)

飼養衛生管理基準に係る定期報告の提出様式

  報告の際には、下記の様式の提出が必要です。
 
 ①XLSX定期報告書 (41.8KB)(全家畜共通)  
 ②XLSX定期報告書の添付書類及び記載例 (163.0KB)(全家畜共通)
 ③飼養衛生管理基準の遵守状況のチェック表(飼養する家畜ごとに提出が必要)
  (1)XLSX牛、水牛、鹿、めん羊 (35.8KB)
  (2)XLSX (37.8KB)
  (3)XLSX家きん (34.2KB)
  (4)XLSX (31.3KB)
  ※③は小規模飼養者は提出不要
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

産業課農業振興係
電話:0152-62-4474

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る