ここから本文です。

小清水原生花園の概要

エゾスカシユリが咲き誇る原生花園駅の写真
国道244号線に沿い、オホーツク海と濤沸湖(とうふつこ)に挟まれた約8キロメートル(275ヘクタール)の細長い砂丘が小清水原生花園です。クロユリの神秘的な花がオホーツクの短い夏の到来を告げると、濤沸湖の湖畔にセンダイハギ、ヒオウギアヤメの群生が広がります。
7月になると、町花であるエゾスカシユリやエゾキスゲ、ハマナスなどの代表的な花が咲きそろい、黄色やピンク、紫といった色とりどりの天然の花畑がみられます。
6月から8月にかけて、約40種類の花がその時々で楽しむことができ、6月中旬から7月下旬がもっとも美しい時期となり、色鮮やかな花々で原生花園が賑わいます。
 
小清水原生花園を走る釧網本線の電車
エゾスカシユリの写真
クロユリの写真

お問い合わせ

産業課商工観光係
電話:0152-62-4481
小清水町観光協会
電話:0152-67-5120

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る