小清水小学校 学校長挨拶

校長挨拶

   小清水町立小清水小学校 校長 岡内 知也

 小清水町の「小中一貫教育」は、今年度で5年目をむかえます。「小清水の子は小清水で育てる」の合言葉のもと、義務教育9年間を切れ目のない一貫教育により、確かな学力の保障と健やかな体、豊かな心の育成を図ります。

 小清水町小中一貫教育は以下の4つを基本方針として進めています。
1 教育目標を共通なものとする【教育目標の一貫性】
2 学習内容の系統を接続させる【学習内容の系統性】
3 学習指導方法を継続させる 【学習指導の継続性】
4 児童・生徒理解を一貫させる【子ども理解の一貫性】

 小清水町立小中併設一貫型学校の小中一貫教育は、小中合同研修の充実に支えられています。今年度は、小中の先生方がそれぞれ個人研修テーマを設定し、似通ったテーマの先生方でソロ、デュオ、トリオ、チームなど、自由に対話を生み出す仲間を見つけ研修を進め、実践を積み上げます。
 中学校の英語科教員の専科授業や、6年生の中学校登校を実施することで、児童理解の一貫性と学習指導の一貫性を保障します。

「すべては子どもたち一人ひとりのため」、「子どもの学力向上、確かな学力を保障するため」に、日常の実践を大切に進めて参ります。小中一貫教育を推進し、保護者・地域の皆様と共に小清水の子どもたちを健やかにたくましく育てるべく、職員一同、全力で取り組んで参ります。
 今年度も、皆様の一層のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。