「土曜授業」について

小清水町の「土曜授業」について

 平成24年(2012年)に小学校6校を1校に再編統合するにあたり、町の教育行政として新しい教育像が示されました。そこには大きく2本の柱があり、再編後の1本目の柱が「小中連携教育」、2本目の柱が「土曜授業」の実施でした。
 そんな中、タイミングよく国の「小中一貫教育」や「土曜授業」をめぐる動きもあり、小清水町は道内でもいち早く教育課程に位置付いた「土曜授業」を実施することになりました。
 そのねらいは、次のことです。
 子どもの学力向上(底上げ)
子どもが将来、生きていく上で必要な力(学力、体力、気力、知恵、生活力等々)、とりわけ当たり前の学力をしっかりと身に付けさせることがいちばんのねらいです。
 教育は学校だけで完結するものではありません。大切なお子さんを預かる学校として、私たちは全力で教育活動に邁進して参ります。保護者の皆様におかれましても、「小清水の子は、小清水で育てる」のもと、学校の教育活動に対しましてご理解とご協力、ご支援のほどどうぞよろしくお願いします。
 
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。