特色ある教育活動


環境と設備にめぐまれた教育環境

 小清水中学校は、眺望絶景の小清水町の中心部に位置しています。校地は62,522平方米,広大なグランド,武道館と食堂を有し,町のスキー場も隣接しています。

 校舎前面には芝生、築山があり、恵まれた施設と環境の中で充実した特色ある教育活動が展開されています。 

 開校以来、一貫して協調先取の精神を基盤に、教育をめぐる社会の要請を先取りし,、学校教育目標の具現化。目指す生徒像の実現に向けて常に研究意欲を燃やして地域・父母の付託と期待に応えるよう努力しています。

 

学校経営方針

1 教育課程

 教育課程の基準に照らし、基礎的・基本的内容を重視し、学ぶ意欲や生きる力を育成する教育課程の編成・実施・改善に努めます。

2 学習指導

 生きる力の育成を目指し、基礎的・基本的な内容の確実な定着と応用・発展学習の充実を図ります。

3 道徳教育

 生徒の発達段階を考慮し、学校の教育活動全体を通して、意図的・計画的・継続的な道徳教育を推進します。

4 特別活動

 望ましい集団生活を通して個性の伸張を図るとともに、集団の一員としての自覚を深め、協力してよりよい生活を築こうとする自主的・実践的態度を育てます。

5 生徒指導

 人間的な触れ合いの中で生徒理解に努め、生徒一人一人の良さを認め合い、生かし、育てる指導感に立って、充実感や自己有用感のある学校生活が送れるように指導します。

6 進路指導

 生徒一人一人が自分の個性や能力・適性に気付き、自分の生き方に目的や希望を持つように指導します。

7 特別支援教育

 コーディネーターを組織化する中で、障害の種類、程度、発達段階を考慮した個々の指導目標を設定し、能力・適性を伸ばす指導に努め、社会参加や自立の基礎・基本を培います。

8 健康・安全教育

 学校生活全般を通して、生命を尊重し、健康で安全に生活を送る態度や能力の育成に努めます。

9 情報教育

 情報を有効に活用する学習の場を設け、情報に関する正しい理解と認識を育みます。

10 国際理解教育

 自国の歴史・文化・伝統に誇りと愛情を持ち、広い視野で異文化を理解しようとする態度を養います。

11 環境教育

 教育活動全般を通して身近な環境問題に気付き、地球的視野で考えるとともに、自ら実践できることから行動する態度や能力を養います。

12 学校経営理念

平成27年度

13 学校関係者評価

平成26年度

14 学校評価(自己評価)

平成26年度

自主的に活動する生徒

クラブ活動 小清水中学校の生徒は、スクールバス通学者が50%、他は徒歩,自転車で通学しています。

 概ね素直,明朗,従順で運動を好みます。部活動も盛んで、そのレベルは管内でも高い水準を得ています。

 知能・学習・道徳性等の諸検査によれば全国的な水準に達している生徒が大半です。 

卒業制作 今日まで継続して自主的に企画・運営する生徒会活動の充実を図ってきました。その成果が表れてきています。

 今後も一層,向上心や積極性を育てるためいにリーダーを養成し,学習・生活の両面から指導の工夫をしていきたいと考えています。 

 

小清水の土曜授業  

「土曜授業」に関する原則