学校長あいさつ

小清水町立小清水中学校 校長 齊藤 修
 
 小清水町の学校が小中各1校となり、平成29年度からは小中一貫教育がスタートしました。各校の先生方が協力し、情報を共有しながら義務教育9年間で小清水の子どもたちの力を最大限引き出すための取組です。
 そのために基盤となる職員の合同研修を実施し、中学校では日常の授業改善を目的に「わかる喜びや達成感」「主体的な学び」をテーマに実践を重ね、目標を達成できる生徒の育成に努めてまいります。
 また、小学校6年生が中学校生活に早く慣れるよう、中学校への登校日を年間12日設定しました。またその中で入学が近づく1月には5日間の連続登校日があります。中学校登校の中で教科によって指導者が変わるスタイルや部活動体験、異学年交流などを実施します。
 子ども達が、小清水で学べてよかったと義務教育を終え、新たな目標に向かって自らの道を切り拓いていけるよう、職員一同取り組んでまいります。
 今年度も、保護者や地域の皆様のご理解ご協力をよろしくお願いいたします。