文字の大きさ
拡大
縮小
元に戻す
  • サイトの使い方
  • サイトマップ

ここから本文です。

北海道日本ハムファイターズ「小清水町応援大使」



小清水町応援大使プロフィール


【名前】松本 剛(まつもと ごう)選手
【背番号】12
【生年月日】1993年8月11日(24歳)
【身長】181cm
【体重】78kg
【出身地】埼玉県
【投打】右投げ/右打ち
【経歴】帝京高‐北海道日本ハム(ドラフト2位・2012~)




 




  
  【名前】新垣 勇人(あらかき はやと)選手
  【背番号】28
  【生年月日】1985年10月21日 (32歳)
  【身長】183cm
  【体重】86kg
  【出身地】神奈川県
  【投打】右投げ/右打ち
  【経歴】国士館高‐横浜商科大‐東芝
                                    ‐北海道日本ハム(ドラフト5位・2013~)
 

応援大使情報 

「北海道日本ハムファイターズ小清水後援会」設立総会を行いました!

平成30年3月26日(月)、「小清水後援会」設立総会に約40名が参加し、役員の選出や今年の活動内容が話し合われました。総会の最後には、球団から提供されたファイターズグッズ抽選会を実施。ファンにとって貴重なグッズの抽選会に喜びの声やため息が聞こえてきました。
3月26日現在の後援会員数は48名です。


小清水町が「北海道シリーズ2018 WE LOVE HOKKAIDO」のヘルメット掲出権を獲得!

平成30年3月2日(金)、札幌市内で開催された「北海道179市町村応援大使プロジェクト2018年度決起集会」に久保町長が出席しました。
決起集会では、「北海道シリーズ2018 WE LOVE HOKKAIDO」において選手が着用する北海道スカイブルーのユニホームやキャップ、ヘルメットの掲出市町村を決める抽選が行われ、見事、札幌ドーム開催の5月2日(水)、3日(木・祝)着用試合での“ヘルメット掲出権”を獲得しました。
5月2日、3日は、ファイターズ選手のヘルメット(打席で着用)に注目してください!


町長の“黄金の左手”ではなく、利き手の右手が引き当てたのは・・・










「ヘルメット」掲出権!
右の写真で久保町長がかぶっているスカイブルーのヘルメットの側面に「小清水町」と入ります。







 小清水町応援団設立準備会を開催しました!

平成30年1月22日(月)、「応援団設立準備会」を開催し、佐々木満次男さんを後援会長とした球団公認の「北海道日本ハムファイターズ小清水後援会」の設立を目指すこととなりました。これにより、応援大使事業終了後も後援会として活動が継続されます。


成人式でお祝いメッセージが届きました!

平成30年1月7日(日)、愛ホールで行われた「第70回成人式」の式の前に、応援大使2人からのお祝いメッセージを放映しました。新垣選手は、「恥を捨てて楽しく生きてほしい」とのメッセージに合わせた一発ギャグを披露。新成人にエールを贈ってくれました!


サイン入りユニフォームと等身大パネルが届きました!

平成29年12月22日(金)、小清水町に北海道日本ハムファイターズの職員の方が訪問され、小清水町応援大使の松本剛選手、新垣勇人選手の直筆サイン入りユニフォームや等身大パネル、ポスターなどを久保町長に手渡しました。
これらは、小清水町役場正面入り口に飾っています!



小清水町の応援大使が決定!

平成29年11月26日(日)、札幌ドームで開催された「北海道日本ハムファイターズファンフェスティバル」内で、「北海道179市町村応援大使2018」を決定するための抽選会が行われました。抽選会に挑んだのは、小清水流星野球少年団の主将(小6)。見事、松本剛選手と新垣勇人選手を引き当てました。両選手には2018年の1年間応援大使としてさまざまなPRを行ってもらいながら、町民一同全力で応援していきます!