文字の大きさ
拡大
縮小
元に戻す
  • サイトの使い方
  • サイトマップ

ここから本文です。

じゃがいもでんぷん課のあゆみ

平成23年(2011年)2月26日

巨大でんぷんだんご‟ギネスブック認定”

まちおこしの若者有志グループ「これぞ小清水実行委員会」が、畳一畳分サイズの巨大なでんぷんだんごを作りギネス認定を果たしました。
「でんぷんだんご」とは、でんぷんと煮豆をこねた生地を焼き上げたもので、じゃがいもの生産が盛んな小清水町では定番のお菓子。
彼らが作り上げたでんぷんだんごは、世界一重い団子としてギネスブックに登録され、この楽しく愉快な挑戦はラジオ番組を通じて全国に発信されました。
 
巨大なでんぷんだんごを作っている小清水町民の写真
ギネス世界記録認定証の写真
関連リンク:PDF広報こしみず 2011年7月号 4ページ (108.8KB)
 

小清水町と(株)山口油屋福太郎の出会い

時を同じく遠く離れた地、九州にある食品メーカー(株)山口油屋福太郎の山口社長は福岡の名物、明太子を使ったでんぷん煎餅の「めんべい」を製造・販売しており、これがテレビ番組で紹介されると10倍の注文が寄せられていました。
しかし当初はでん原馬鈴しょが不作の年で、この注文に応えるためのでんぷんの確保に苦労していた中、小清水町の若者たちによるでんぷんだんごのニュースをラジオで知りました。
山口社長は小清水町を訪れ情報を収集し、廃校となる小学校校舎を利用した工場新設に興味を持たれ、関係機関との協議が進められました。
 

平成24年(2012年)2月11日

旧小学校校舎の売買に関する仮契約式

町と(株)山口油屋福太郎の北陽・水上小学校校舎の売買に関する仮契約式が執り行われました。
旧北陽小学校の校舎は、せんべい工場として改修が始まりました。
 
林町長、立会人中村俊之さん、山口社長が手を重ね合わせている写真
関連リンク:PDF広報こしみず 2012年3月号 2ページ (105.8KB)
 

平成25年(2013年)6月22日

小清水のマスコットキャラクター初登場

道の駅で開催された「SL歓迎はなやか祭in小清水」で、でんぷんだんごをモチーフにしたゆるキャラが初登場しましたが、名前はまだ決まっていませんでした。
 
小清水のマスコットキャラクターと町民が横断幕や旗でSLを歓迎している写真
関連リンク:PDF広報こしみず 2013年7月号 9ページ (818.2KB)
 

平成25年7月5日

「ほがじゃ」誕生!

福太郎(株)小清水北陽工場オープンがオープンし、そこで製造される「ほがじゃ」とそのPRキャラクターが誕生しました。
 
PRキャラクター「ほがじゃ」の写真
福太郎(株)小清水北陽工場の看板の写真
関連リンク:PDF広報こしみず 2013年7月号 2ページ (1.0MB)
 

平成25年7月28日

「でん坊」誕生! 

名前が決まっていなかったでんぷんだんごのキャラクターは、ふるさとまつりで観客の皆さんから名前を募集し、「でん坊」になりました。
 
でんぷんだんごのキャラクター「でん坊」とふるさとまつり観客の皆さんの写真
命名されたでん坊と命名者の写真
 

平成25年10月3日

特命職員辞令交付式

役場に架空の部署として設置された「じゃがいもでんぷん課」に、「でん坊」と「ほがじゃ」が特命職員として任命されました。
 
辞令交付式のほがじゃ、林町長、でん坊の写真
辞令書を持つでん坊とほがじゃの写真
関連リンク:PDF広報こしみず 2013年11月号 2ページ (687.4KB)
 

平成26年(2014年)2月11日

第4回小清水屋台村での係長発令

でん坊対ほがじゃで小清水PR大使決定戦「5番勝負」が行われ、ほがじゃが勝利し係長に昇進しました。
 
勝利したほがじゃと転がっているでん坊の写真
表彰式のほがじゃとでん坊の写真
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

企画財政課企画係
電話:0152-62-4471