文字の大きさ
拡大
縮小
元に戻す
  • サイトの使い方
  • サイトマップ

ここから本文です。

町道民税とは

 町道民税とは

市区町村や都道府県は、住民の皆様が豊かで健康な暮らしができるよう、日々の生活に直接結びついた身近な仕事を広い範囲にわたり行っています。
そのためには、多くの費用が必要になりますが、その資金となる地方税は、多くの住民の方が分担していただくことが望ましいとされています。
住民税は、このような地方税の性格を最もよく表している税金で、一般的には市町村民税と都道府県民税を合わせて住民税と呼ばれています。

住民税の内訳

住民税は、税金を負担する能力のある方が均等の額によって負担する均等割、その方の所得金額に応じて負担する所得割から構成されています。

住民税が課税されない方

均等割も所得割もかからない方

  1. 生活保護により生活扶助を受けている方
  2. 障がい者、未成年者、寡婦または寡夫で、前年の合計所得金額が125万円以下(給与収入で204万4千円未満)であった方

均等割がかからない方

前年の合計所得金額が市区町村の条例で定める金額以下の方
小清水町では、下記の金額(均等割非課税限度額)以下の方
  • 扶養親族等のいない方 28万円(給与収入で93万円以下)
  • 扶養親族等のいる方 {28万円×(扶養人数+1)}+17万円

所得割がかからない方

前年の総所得金額等が、下記の金額(所得割非課税限度額)以下の方
  • 扶養親族等のいない方 35万円(給与収入で100万円以下の方)
  • 扶養親族等のいる方 {35万円×(扶養人数+1)}+32万円

 

お問い合わせ先

町民生活課税務係
電話:0152-62-4479