文字の大きさ
拡大
縮小
元に戻す
  • サイトの使い方
  • サイトマップ

ここから本文です。

災害用伝言板サービス・伝言ダイヤル

災害用伝言板サービス

災害用伝言板サービスとは

NNTTドコモグループ、KDDI、ソフトバンク、ウィルコムでは、大規模災害時にご自身の安否を身近な方に伝える「災害伝言板サービス」を提供しています。

災害発生時は、通話が集中するため、つながりにくい状況になります。
災害伝言板は、そのような場合でも携帯電話からインターネットを通じて家族や親族・友人などに安否を伝えることができる安心の通信手段です。

 

サービスの詳細については各社のホームページをご覧下さい。

災害伝言ダイヤル(171)

災害伝言ダイヤルとは

災害用伝言ダイヤルは、地震、噴火などの災害の発生により、被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合に提供が開始される声の伝言板です。

被災地の方が録音した安否などに関する情報を他の地域の方がお聞きになれるほか、他の地域の方から被災地の方へメッセージを送ることも可能です。

なお、「災害用伝言ダイヤル」は災害時にのみ、NTTが提供するものです。平常時は利用できません。

提供開始や提供条件については、NTTが決定し、テレビ・ラジオ等でお知らせします。

お問い合わせは局番なしの「116」へお尋ねください。

伝言を録音する場合の手順

  1. 171にダイヤルする
    ガイダンスが流れます。
  2. 録音の場合「1」
    ガイダンスが流れます。
  3. (XXX)XXX-XXXX
    被災地域の方はご自宅の電話番号を、または、連絡を取りたい被災地域の方の電話番号を市外局番からダイヤルしてください。

※注意 電話番号は市外局番からダイヤルしてください。

伝言を再生する場合の手順

  1. 171にダイヤルする
    ガイダンスが流れます。
  2. 再生の場合「2」
    ガイダンスが流れます。
  3. (XXX)XXX-XXXX
    被災地域の方はご自宅の電話番号を、または、連絡を取りたい被災地域の方の電話番号を市外局番からダイヤルしてください。

※注意 電話番号は市外局番からダイヤルしてください。

 

詳細については東日本電信電話株式会社ホームページをご覧下さい。