小清水小学校 学校長挨拶

校長挨拶

   小清水町立小清水小学校 校長 可児 隆洋

今年度で、小清水町の「小中一貫教育」は3年目をむかえます。「小清水の子は小清水で育てる」の合い言葉の下、義務教育9年間を切れ目のない一貫教育により、確かな学力の保障と健やかな体・豊かな心の育成を図るための取り組みを進めます。

 小清水町小中一貫教育は以下の4つを基本方針として進めています。
1 教育目標を共通なものとする【教育目標の一貫性】
2 学習内容の系統を接続させる【学習内容の系統性】
3 学習指導方法を継続させる【学習指導の継続性】
4 児童・生徒理解を一貫させる【子ども理解の一貫性】

 今年度も、小学校と中学校の合同研修を充実させ、基本方針の更なる具現化を図ります。昨年から継続して、各教科部会ごとの児童生徒の実態を捉え課題を分析し、解決に向けて実践を積み上げます。次年度の新学習指導要領完全実施にむけて、あらためて、小学校6年間の接続を見つめ直すための授業改善にも取り組みます。
 中学校の英語科教員の専科授業や、他教科の乗り入れ授業も引き続き継続し、学習内容の接続にも取り組みます。また、6年生の中学校舎登校もより充実を図ることで、児童理解の一貫性と学習指導の一貫性を保障します。

「すべては子どもたちひとり一人のため」、「子どもの学力向上、確かな学力を保障するため」に、日常の実践を大切に進めて参ります。小中一貫教育を推進し、保護者・地域の皆様と共に小清水の子どもたちを健やかにたくましく育てるべく、職員一同、全力で取り組んで参ります。
 今年度も、皆様の一層のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。