教育委員会と委員

 現行の新・教育委員会制度は、平成27年に改正されました「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」に基づき運営されています。
 教育委員会は、都道府県や市町村に置かれる行政委員会の一つである合議制の執行機関で、教育委員(本町は4人で任期は4年)と事務局をもって組織されています。
 本町の教育委員会では、平成29年10月1日に新「教育長」が誕生し、新制度へ移行しました。
 新制度での教育長は、事務執行の責任者という立場に加え、これまで教育委員長が担ってきた教育委員会の代表者という二つの立場を一本化した常勤の職となり、任期は3年となりました。