教育長からのメッセージ

 就任以来、新・教育長制度のもと総合教育会議を中心に、民意を代表する町長との協議を尽くし「小清水町教育大綱」の策定をはじめ「教育相談に関する事務規則」の制定「いじめ基本方針」の策定、学校訪問および教育懇談会の開催など教育委員の方々とともに、小清水町教育行政の発展に尽力してまいりました。
 これからも、町長部局との連携を密にし「教育」「福祉」「子育て」などの行政サービスの向上を目指してまいる所存ですので、よろしくお願い申し上げます。
 私たちを取り巻く社会情勢は、個人情報を含む様々な情報があふれています。SNSをはじめ迅速に情報を共有できるなどの便利な機能をもつ反面、同時にその取扱いを慎重にしなければならない義務も生じております。
 特に、いじめや犯罪に巻き込まれる可能性があるネットトラブルから子供たちを守るという大人の責任・社会の役割は益々重要になっています。
 ネット問題に限らず、子ども達を取り巻く社会問題に対し、教育行政が中心となり対策を施すことは当然のことでありますが、社会の最小単位である家庭教育の充実が重要となることは議論を待ちません。そのうえで、健全で豊かな子育ての基本は規則正しい生活でありますことから、小清水町教育委員会として「早寝」「早起き」「朝ごはん」の実施運動を広げてまいりたいと思います。
 引き続き、学校教育では、小清水町の未来を担う子どもたちが、豊かな心を持ち、たくましく生きる力を育成するための学校教育の推進と、「ふるさと小清水町」への愛を育む教育を実践し、社会教育では、まちづくりは人づくりの観点から、次代を担う町民の研修等の充実を積極的に進めてまいりますので、今後とも、小清水町教育へのより一層のご理解とご協力をお願いいたします。

教育長 加藤 友幸